塩沢織とは?

HOME > 塩沢織とは? > 塩沢紬

塩沢紬 経済産業大臣指定伝統的工芸品

概要

塩沢地方の織物の歴史は古く、1200年以前の奈良時代(天平年間)にこの地域で織られた麻布が正倉院に保存されています。この麻織物(越後上布)の技術を絹織物にとり入れたものが塩沢紬で、250年前の明和年間(1764~71)の頃に創られたと伝えられています。

特色

たて糸に生糸・玉糸を、よこ糸に真綿手紡糸を使用し、手括り・手摺り込みによる絣糸を1本1本合わせて織り上げた極細の十字絣・亀甲絣等の絣模様は独特の上品さと落ち着きを醸し出しています。

詳細

●指定:昭和50年2月 国の伝統的工芸品に指定
●技術又は技法(伝統的工芸品産業振興法より)
(一)先染の平織
(二)たて糸に生糸・玉糸を使用し、よこ糸に真綿手紡糸を使用する事
(三)よこ糸の打込みには手投杼を使用する事
(四)絣糸の染色法は「手括り」「手摺り込み」又は「板締め」による事
●生産される地域:新潟県南魚沼市
●生産者:塩沢織物工業協同組合会員
●指定品には「伝統証紙」(日の丸マーク)が貼られています。

  • 越後上布
  • 塩沢紬
  • 本塩沢
  • 夏塩沢

  • 営業案内
    〒949-6408
    南魚沼市塩沢1227番地14
    TEL:025-782-4888
    FAX:025-782-1148
    営業時間 9:00~17:00
    休館日 年末年始(改装・薫蒸)
    見学料
    1階 展示販売場 無料/小物づくり 実費
    2階 織工房・資料室 大人200円 小児100円
    機織り体験 400円より
    小物作り体験 500円より
    パンフレット
  • 塩沢織の買えるお店
  • 記念館概要
  • 魚沼の四季/歳時記
  • 織物体験ギャラリー
  • 最上級の贈り物を選ぶなら 塩沢織 Online shop
  • アクセスマップ

    JR上越線/塩沢駅より徒歩3分
    関越自動車道/塩沢石打I.Cより車15分
           六日町I.Cより車15分

織の文化館 塩沢つむぎ記念館